メインイメージ画像

賃貸事務所を移転する時に格安に抑える方法を考えてみましょう

賃貸事務所を移転する時に格安に抑える方法を考えてみましょう。事務所を移転するのに格安で抑えたいなら、移転についての工程を全て一括で引き受ける業者がおすすめでしょう。この一括請負業者は引越し手続きから内装の工事、回線の手配やオフィス家具のアレンジなどワンストップで行います。自社自ら直々にアレンジするため余計なマージンが生じず、それだけでなく連絡も円滑に進みます。事務所移転についての各工程について独自のノウハウを持っているため、格安な手配ができるのです。

事務所を借りる時に交通アクセスをリサーチするのが非常に重要です。というのも、この先経営を始めるにあたり交通の便が良い場合、来客者にも、通勤する従業員にとっても好都合だからです。顧客の立場では勿論のこと、従業員にとっても移動時間が長いほどそれに比例して生産性のない拘束時間が長くなりますし、アクセスの良い勤務先であればあるほど能力のある人材も集めやすいものです。これを踏まえた上で、賃料との兼ね合いを検討材料に入れて事務所の検索をしましょう。事務所を移転するのに必要な諸経費の内訳を考えてみましょう。

イメージ画像

どこの事務所に移転する場合でも、必ず生じる費用とそれ以外の費用がありますね。ほぼ100%発生するコストとは、保証金や敷金、仲介費用など、契約締結したら賃借料の数月分をはじめに支払う費用です。もう一つ、必ずしも支払う必要のない経費としては、改装工事や備品など、ファシリティに関わる費用があります。設備面については、経費を割いて全面的に手を加えていくのか、元々の設備を活用してコスト削減を目指すのかはあなた次第で決められます。事務所の契約の際に注意すべき点をおさらいしましょう。

一番忘れがちなのが、入居する事務所を選んだら、まずは会社の概要について提示し、自分の会社の調査が実施されるという点でしょう。晴れて信用調査をパスできたら、本格的な契約に話を進めるのですが、事務所の契約締結時にはそれに関する費用を支払う必要があります。礼金や敷金・保証料など賃貸料の大体数カ月分にあたる金額が一般的です。また、ビルの大家により内装工事等の工事会社が特定の業者に限定されている場合があるので予め確認しておきましょう。

更新情報