メインイメージ画像

賃貸事務所を探す目的は色々あると思います

賃貸事務所を探す目的は色々あると思います。貸し事務所の家賃は長期間、それなりに大きなコストが掛かるものですから、価格面から物件選びするのが良いでしょう。大抵の賃貸サイトでは、毎月の家賃からの検索もできますし、広さや坪単価をキーにした検索もできます。家賃を坪単価で検索すると、同じエリア内にしては妥当な金額なのか比較検討ができるため参考になるデータと言えます。最後に、注意しておくのが家賃には管理費や共益費も含まれるかどうか確認しておいたほうが良いでしょう。

イメージ画像

事務所の契約時にチェックする点を考えてみましょう。案外見落としがちなのが、入居する事務所を決めた後、まずは会社概要を提示し、自分の会社の審査が行われるということです。無事審査を済ませたら、そのまま賃貸契約へと進むわけですが、事務所の賃貸契約ではそれに関する費用を支払う必要があります。礼金や敷金・仲介手数料など賃料のおよそ数ヶ月分の金額が通常必要な費用です。なお、ビルの大家によっては内装施工の業者を指定しているケースもあるため事前確認しておきましょう。

事務所に引っ越す際には、見積り比較は絶対にしましょう。事務所を契約する場合、礼金や仲介手数料などのほかにも、外観や内装に関する工事、電話回線の移設など大規模な工事も必要になります。従って、どの業者を起用するのか次第で初期コストにかなりの差が出るわけです。数社の業者へ見積りを申し込み、金額面を工事内容を検討し、一番良い下請会社に工事の発注を決めるのがベストでしょう。建物の大家により工事業者の指定があることも考えられますから、注意しましょう。

事務所の配線工事を行う前に気をつける点は、契約完了後でなければ工事を始められないという点です。従って、契約した後、配線工事が終わるまではその事務所では仕事ができない期間がでてしまうというわけです。ですから、事務所の工事が終わるまで、前の事務所と次の事務所の賃料を重複して支払わないとならず、大きな費用負担になります。このような場合、フリーレントと言って、賃貸契約開始から数ヶ月間は賃貸料無料という事務所を探すと二重払いをせずに済むのです。

更新情報