メインイメージ画像

賃貸事務所を選ぶ時

賃貸事務所を選ぶ時、賃料が一番目が行く点ですよね。誰でも自分たちに最適な立地条件に沿うビルが良いけれど、そうすると賃料が高くなりそうですね。ところが、同じタイプの物件であっても、所在地や経過年数によって大幅に賃料は左右されるものです。ですので、不動産店やインターネットで自分の条件を満たす物件をいくつかピックアップしてみたら、その物件から目的にあった無理なく支払える家賃の物件を選ぶのが効率的です。それでもなお賃料が高いものが多く挙がる場合、徐々に希望を少なくしてもう一度見なおしてみましょう。

事務所の契約時に注意すべき点を考えてみましょう。特に忘れがちなのが、候補の事務所を選んだら、最初に御社の会社概要を提示し、あなたの会社の審査が行われるという点です。無事調査を済ませたら、本格的な契約に話を進めるのですが、事務所の契約締結時にはいくつか費用を払います。礼金や敷金・仲介費用など賃貸料の大体数カ月分にあたる金額が通常必要な費用です。この時、ビルオーナーにより内装施工の業者が特定の業者に限定されているケースもあるため注意しましょう。

イメージ画像

事務所の配線工事を行うのに気をつけるべきなのは、契約が開始した後でなければ施工できないという部分です。従って、賃貸期間が始まってから工事が終わるまでその事務所で業務開始出来ない期間があるのです。ですので、事務所の配線工事が完了するまでの間、今使っている事務所と新しい事務所の賃貸料を両方払わなければならず、非常に大きな費用負担になります。このような場合、フリーレントと言って、契約から数ヶ月間は賃料無料という事務所にすれば重複して支払をせずに済むのです。事務所に入る時の初期費用にはどのようなものがあるか見てみましょう。

敷金や礼金、仲介費用などは通常の住居用の物件と変わりません。事務所ならではの費用には同じビルの他のテナントや建物のオーナーに損害を与えたケースに備える損害保険や家賃滞納を対象とする賃貸保証料のコストが挙げられます。他に、社名の看板など、外装を変更する必要があればその外装コストもかかります。物件によっては請負業者が決まっていることがある為確認しておきましょう。

更新情報