メインイメージ画像

賃貸事務所の移転を考えるなら

賃貸事務所の移転を考えるなら、まずは目的のエリアを決める所から始めるのが良いでしょう。事務所の移転をするにあたり、何と言っても所在地と最寄り駅が重要課題です。引越し先のエリアを選んだら、そのエリアから家賃・内装・セキュリティなどの条件面で最適なものを探すやり方が効率の良い探し方ですね。中々希望エリア内で良い物件が見つからない場合、少しづつエリアを広げて再度探してみると良い物件が出てくるかもしれません。基準になる主軸を決めておけば事務所を探すのもスムーズに進みます。

イメージ画像

事務所のレイアウトを決める際、どんな点に着目したらよいかまとめてみましょう。事務所に常駐するスタッフの人数や備品やPCの数はもちろんのこと、クライアントの来社は多いのか、会議室がどの程度欲しいのか、いずれ人員増加の採用予定があるかどうか、何年位使いそうなのかも整理しておきましょう。レイアウト業者は坪数と使用人数をもとにレイアウトのパターンを多種多様に準備していますから、レイアウトに関する希望がある程度まとまったら一旦相談してみたら良いレイアウトの案がもらえるはずです。事務所を使っていて初めての更新をする前に、留意点を確認しておきましょう。もし引き続いて利用を希望する場合、予め自動更新なのか、更新の書類提出が必要なのかをチェックしておきましょう。

更新の際には多くの場合、その月の賃貸料とは別に更新料や事務手数料を支払わなければなりません。ビルオーナーによるのですが、約2ヶ月程度の賃料の金額であるケースが主流のようです。さらに、契約更新の際には次回の更新までの期間の家賃の金額変更が法律で認められているので、賃料の変更がないか押さえておいて下さい。事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。

昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

更新情報